手術室 看護師求人

マイコプラズマ肺炎とは

マイコプラズマ肺炎とはマイコプラズマと言う名前のウイルスでもなく最近でもない微生物が喉や気管などに感染して、咳などが1カ月以上も続く状態になります。

 

風邪をひいていて咳だけが中々治まらないと言った場合などもマイコプラズマ肺炎という事も疑われるそうです。
子供から大人までかかる病気ですが、特に5歳以上の子供に多いそうです。

 

流行する年と言うのがあるそうで、大体4年に一度位のペースで流行する事からオリンピック病と呼ばれた事もあるようです。
学校などの手段生活をしている事から飛沫感染で貰ってくることも多いようです。

 

現在はマイコプラズマ肺炎は抗生物質の投与によって治療が可能ですが、予防する事が大切なんだそうです。

 

ひどい咳をしている人の側には寄らないとか、手洗いうがいなどを徹底し、睡眠不足にならないようにするとか、しっかりとバランスのとれた食事を摂る事などです。

 

家族の間で感染しやすいようですので、マスクをするなどの予防をしたいですね。
マイコプラズマ肺炎の特徴は一生のうちに何度でもかかる事があるのでやはり予防が大切という事ですね。

マイコプラズマ肺炎 咳

マイコプラズマ肺炎と言う肺炎を知っていますか?

 

ウイルスでもなく細菌でもない病原体が原因で、症状は風邪ととても良く似ています。 風邪と思っていて、風邪薬を飲んでいても一向に咳が良くならないとか、とにかく辛い咳が長期間に渡って続いている場合、ひょっとしたらマイコプラズマ肺炎かもしれないですね。

 

マイコプラズマ肺炎はとにかく酷い咳が続くという事で知られていますが、毎年風邪やインフルエンザの流行る時期にマイコプラズマ肺炎も密かに流行していたりするそうです。

 

風邪やインフルエンザと同じで飛沫感染によりうつりますので、マイコプラズマ肺炎にならない為にはマスクの着用や、手洗いうがいの徹底などが予防となります。

 

潜伏期間は1週間から4週間ほどと長いため、人ごみに出たり、社会の中ですでに貰ってしまっている可能性もあります。 万が一マイコプラズマ肺炎と診断されても、重症化していなければ投薬による治療法がありますので入院の必要は無いことが多いです。

 

抗生剤によりマイコプラズマ肺炎の症状を緩和してくれるので、酷い咳が続く場合はお医者さんに相談してみることをおすすめします。

 

働きながらでも転職活動ができる看護師 求人サイトを利用して年収アップしたり、好条件の職場に転職してる人が増えてるようです。働きがいのある職場が一番ですもんね。

マイコプラズマ肺炎 症状

寒い時期になると風邪やインフルエンザが流行するのと同様に、マイコプラズマ肺炎と言うのも流行します。
このマイコプラズマ肺炎と言うのは以前は免疫の関係で4年に一度程流行するといった傾向があったようですが、今はほぼ毎年のように出ているそうです。
マイコプラズマ肺炎は風邪などの症状と変わらない事が多く発見がしにくいんだそうです。
喉が痛い、鼻水や鼻詰まり、発熱、咳、などです。
もし、風邪薬をお医者さんから処方されても咳だけがいつまでも残っていると言う場合からマイコプラズマ肺炎だったという風に見つかる事もあるようです。
とにかく咳の症状がひどいと言うのが特徴の様なので、酷い咳をしている人の近くには行かないとか、マスクをするなどして飛沫観戦による予防をした方が良いようです。

 

学校や会社など集団生活の場から貰ってくることが多いので覚えておいた方が良さそうです。
乳幼児よりは小学生以上の子供から大人までがかかりやすいようで、小学生以上が感染した場合の方が症状は重いようです。

 

今はマイコプラズマ肺炎に良く効く抗生物質がありますので、それを飲むことで回復します。

更新履歴